ニュースオンライン。ニュースがつなぐ人と人。
ニュースオンラインは、全国のジャーナリストとニュースレポーターが発信するモンタージュ型ニュースサイトです。

2012年(平成24年)






モーリタニアの難民の声をまとめた報告書を発行

国境なき医師団(MSF)日本

    2013/04/12
  • International

国境なき医師団(MSF)は、モーリタニアの砂漠地帯では、約7万人のマリ人難民が過酷な生活を送っている状況を踏まえ、同地の難民の声をまとめた報告書を発行し、彼らが生きるための最低限の要件を支えるためには援助活動のテコ入れが急務だと各援助団体に呼びかけを開始している。

難民100人余りからの証言で報告書を作成。

この報告書は、モーリタニア・ムベラ難民キャンプの難民100人余りからの証言に基づき、彼らの避難理由を考察するとともに、隣国マリの危機的状況の複雑な背景を解説するもの。今の状況は今後数ヵ月、さらには数年継続する可能性があり、難民たちが砂漠のただ中で孤立する恐れもある。外部からの人道援助や支援が唯一の頼みの綱となっている。

国境なき医師団(MSF)の緊急対応コーディネーターを務めるヘンリー・グレイは「マリ北部では、人びとが集落単位で国内の他地域や外国に避難しています。国外に逃れ、難民となった人びとの多くはトゥアレグ人またはアラブ人で、イスラム原理主義者や分離派との関係を疑われて暴力行為に遭うことを懸念し、早期に出国しています。彼らの故郷であるマリ北部地域では、現在も恐怖と疑念が渦巻いています」と話す。

国境なき医師団(MSF)は、最初の難民が到着した2012年初頭からモーリタニアで継続的に活動。ムベラ・キャンプの劣悪な環境が、難民の健康に及ぼす影響について警告を重ねてきた。2012年11月に実施した栄養調査と死亡率の調査では、2歳未満児の栄養状態と死亡率が深刻で、緊急事態を示す水準を上回っていることが明らかになっている。

2013年1月のマリ・フランス連合軍による介入後、ムベラには新たに1万5000人の難民がなだれ込み、医療環境が悪化。キャンプ内に置かれた国境なき医師団(MSF)の複数の診療所でも、診療件数が週平均1500件から2500件に増加した。重度栄養失調児の数は2倍以上に増え、治療中の子どもの数も42人から106人となった。このうち、85%が1~2月にキャンプに到着した子どもたち。現在、栄養について問題のある新規難民の健康状態は、キャンプ到着時点の調査ではおおむね良好だった。

これらの統計は、難民たちが、適切に成分調整された食糧などを援助団体から受け取る場所であるはずのキャンプで衰弱してしまったことを示すものであり、1万5000人の新規難民の受け入れに態勢が追いつけなかったことを明らかにした。状況はここ数週間で改善されたが、依然として非常に不安定であり、援助団体も可能な限り長期間、活動を継続していく必要がある。住居、清潔な水、トイレ、衛生環境、食糧のすべてが整い、最低限の人道的基準に沿って維持されなければならないとしている。

国境なき医師団(MSF)は、マリ国内モプティ、ガオ、シカソ、トンブクトゥの4州と、隣国ブルキナファソ、モーリタニア、ニジェールのマリ人難民を対象に医療・人道援助プログラムを展開中。モーリタニアでは、マリからの国境通過地点にあるムベラとファサラで合計4ヵ所のプライマリ・ヘルスケア診療所を支援。バシクヌーの町でも外科施設を運営している。モーリタニアでの活動は2012年2月に開始され、これまでに8万5000件の診療と200件の分娩介助を行い、約1000の重度栄養失調児を治療している。

なお、調査報告書「砂漠で救援を待つ:モーリタニアのマリ人難民」はこちらからダウンロードが可能。
http://www.msf.or.jp/info/pressreport/index.html

フランスアニメのエリート養成学校のドキュメンタリー

株式会社WOWOW

    2012/08/30
  • Entertainment International

フランスの地方都市ヴァランシエンヌにCGアニメーションのクリエイター養成学校「シュパンフォコム」があり、世界でもトップレベルのクリエイターを輩出している。

アメリカ、日本に次ぐ第3のアニメ制作国として急成長中のフランスをリポート。

その卒業制作は毎年、国際コンクールなどで目覚しい成績をあげている。WOWOWの「ノンフィクションW」では、日本では知られていないシュパンフォコムの内部にカメラが入り、チームを組んで卒業制作に挑む生徒たちに密着、若きクリエイターが誕生する瞬間を追った。その貴重なドキュメンタリーのナレーションを、声優・歌手の水樹奈々が担当した。

水樹奈々さんは「フランスの小さな町で世界レベルのエリートたちが育っていることは、今回、初めて知りました、しかもこの学校が25年前からあったなんて!。でも、同時になるほどと思うところもあって。毎年、フランスで開かれるジャパン・エキスポでは日本のアニメが大人気ですし、私自身もそのイベントに声をかけていただいたり、フランスのファンの方から手紙をいただいたりすることもあるので、この学校の存在も含めて、フランスのアニメに対する情熱はとても凄いと改めて感じました」と話す。

政府や地方自治体もクリエイターの卵たちを支援し、アメリカ、日本に次ぐ第3のアニメ制作国として急成長中のフランス。番組では、生徒たちがプロ並みの技術でCGアニメならではの表現にこだわり、提出期限ギリギリまで作業を続ける様子が映し出される。

「私が声優としてアフレコに入るときも、絵がまだ完成していないことが多くて、スタッフのみなさんの命がけの苦労を感じています。でも、この番組を通して、アニメ制作の実作業にはたくさんの愛情が込められているんだと改めて実感しました。チームワークがとても大事なので、スタッフが誰ひとり欠けても成立しないんですよね。シュパンフォコムの生徒たちも、ひとりの能力が高いだけではだめで、他人と意見をすり合わせてコミュニケーションを図ることを学んでいきます。そこには集団作業ならではの感動があるから、この番組はアニメファンでない方にも、身近に感じてもらえるのではと思います。私も生徒たちを見守るような温かい気持ちでナレーションに臨みましたので、ぜひご覧になってみてください」と水樹さんは語る。

◎放送概要
タイトル=ノンフィクションW「フランスアニメが世界を獲る日~小さな街が生んだ奇跡のCG学校~」
放送日=8月31日、夜10時~
チャンネル=WOWOWプライムにて放送。

「セーブ・ザ・チルドレン」に協力

ブルガリジャパン株式会社

    2012/08/06
  • Fashion Beauty International

世界の最も弱い立場にある子ども達に、より質の高い教育を受ける機会を提供するひとつの方法として「ブルガリセーブ・ザ・チルドレン」リング(48,300円)を発売する。




「教育」こそ人生を変えうる「生きる力」を授けるもの。

「教育」こそ人生を変えうる「生きる力」を授けるものとして、ブルガリでは2009年より世界的な国際援助団体(NGO)「セーブ・ザ・チルドレン」と連携し、世界の最も弱い立場にある子ども達に、より質の高い教育を受ける機会を提供してきている。

これまでに1,200万ユーロ(約12億円相当=2012年6月時点)を上回る規模で、世界20カ国に及ぶ35万人以上の子ども達を支援してきた。また、この活動を通じて、東日本大震災の復興もサポート。セーブ・ザ・チルドレンとのパートナーシップを開始して以来3年となるが、その絆はさらに深まっている。ブルガリではこれからもこの重要な支援活動を継続していく方針。

また、オリンピックで盛り上がりをみせるロンドンでは、セーブ・ザ・チルドレンUKの新プログラム(Eat, Sleep, Learn, Play! ESLP!)の為に、ブルガリ ホテルズ&リゾーツ・ロンドンの開業に伴い英国入りしたブルガリ・グループ副会長のニコラ・ブルガリが、アン王女(HRH The Princess Royal)に謁見する機会を得て、£500,000(約6千万円)の寄附を宣言した。





日本の絵本に翻訳シールを張り世界の子供に届ける運動

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会

    2012/07/20
  • International

公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(所在地=東京都新宿区、会長=若林恭英)は、夏休みに子どもたちが手軽に取り組めるボランティアプログラムを用意した。同じくらいの年齢の子どもたちが世界ではどのような生活をしているのか、「知る」だけではなく、実際に手を動かし「行動する」プログラムとなっている。




自宅にいながらできる!日本の絵本に翻訳シールをペタリ「絵本を届ける運動」

紛争や貧困などで絵本を読むことのできない子どもたちが世界にはたくさんいる。日本で出版された絵本にカンボジア、ラオス、ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ、アフガニスタンの言語のシールを貼りつける。届いた絵本は現地の図書館で活用されていく。子どもだけでも作業はできるが、世界のことや小さい頃の思い出を話しながら、お父さんお母さんも一緒に絵本作りを楽しみ、夏の思い出を作ることが可能となる。2012年は15,640冊の絵本を集めるのが目標。

参加費として1セット2,200円が必要で、これがシールの貼った本となり活用される。(参加費には絵本、翻訳シール、送料、運営費、輸送費を含む)。













難民キャンプの保健状態の悪化が進む

南スーダンのユニティー州イダ難民キャンプ

    2012/07/14
  • International

国境なき医師団(MSF)日本では、南スーダンのユニティー州イダ難民キャンプに1日平均500人近い難民が到着し1万5000人の受け入れを想定していた同キャンプは、現在、合計6万3500人が滞在。飽和状態にあり、難民たちの健康状態は非常に深刻な状態であると警告を発している。

疾病リスクの高い人や、下痢、重い感染症、栄養失調にかかっている子どもに注意を払う必要が生じている。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の報告では、隣国スーダンの南コルドファン州の紛争と食糧不安を逃れ、数日、ときには数週間に及ぶ徒歩移動でヌバ山地を抜けてくる難民たちで飽和状態にあるという。

MSFの緊急対応デスク責任者、メゴ・テルジアン医師は「ショック状態の患者がとても多く、キャンプの人口増加とともに院内死亡率も上昇しています。現在のように患者数が多い状況では、とくに疾病リスクの高い人や、下痢、重い感染症、栄養失調にかかっている子どもに注意を払う必要があります」し話す。

MSFの運営する病院では、患者の大多数が5歳未満である。入院する子どもの数は、この1ヵ月で104人から209人へと、2倍に増加した。診察で栄養失調が認められる子どの割合も増えており、院内死亡率は1ヵ月で7%から2倍以上の15%へと上昇している。主な死因は、下痢、重度の感染症、肺炎など。MSFは、子どもをできる限り早く病院に連れていくことが求められるのは、どのような症状の場合かを、親たちに周知する活動にも力を尽くしている。

イダの人口は、2012年4月以降、3倍以上増加した。既に雨季に入っているが、給水や衛生物資に不足が生じている。キャンプでは、複数の援助団体が精力的に活動しているものの、6万3500人の受け入れ体制と生活環境は全く整っていない。MSFの南スーダンにおける活動責任者アンドレ・ヘラー=ペラシュは、「MSFの医療施設における診察の対象は、大半が水に媒介される病気です。十分な数のトイレと、十分な量の浄水が確保できれば、予防できるのですが……」と話す。

キャンプでも中心的な医療団体であるMSFは、拡大する医療ニーズに応えるため、テントを3張り追加し、病院の受け入れ能力を60床にまで拡張した。また、現在80人が所属する活動チームの、いっそうの補強も図っている。

MSFは、2011年11月から、南スーダン共和国ユニティー州イダで活動を続けている。同地の難民キャンプでは、病院を運営する一方、キャンプへの入居登録所でも、診察や治療を提供。2012年6月には、1万4000人あまりの15歳未満児にはしかの予防接種を行い、現在も登録所で6歳以上5歳未満の子どもに予防接種の提供を続けている。南スーダンでは、上ナイル州でもMSFの複数のチームがスーダン人難民の援助に携わっている。(富小路常明)




ページ移動